So-net無料ブログ作成

.

若輩者ながらメルクリンユーザーになった私のブログです。
一人暮らしワンルームでのHOゲージ(主にメルクリン)の楽しみ方綴っていきます。 メルクリンライフを中心に、フライシュマン、ROCO、リヴァロッシや、日本型(16番・Nゲージ)の鉄道模型についても書いていきます。


DCCやメルクリンデジタルを始めとするデジタル鉄道模型の割合が多く、アナログ製品のDCC化やDCC運転を楽しむためのアイテム紹介なども少しづつしていきます。
国内取扱店情報から個人輸入情報、車両工作など、運転会や各種イベント等の参加レポートもできるだけアップします! 
そのほか、飛行機や車、旅行やデジモノ、自作PCなど、鉄道模型と関係ないものも気分でアップします。(稀です)
【YouTubeチャンネルのご紹介】
ユーチューブチャンネルに鉄道模型や運転会などの動画をアップしています。
こちらも併せてご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCS8RZbYOMnSSo85SH4xSteg
チャンネル登録をいただけますと幸いです。

タイ・バンコクの鉄道模型店「Modelrailroad siam」 [取扱店]

タイの首都バンコクにある鉄道模型店に訪問しました。

DSC_0361.jpg

BTS(スカイトレイン)のサラデーン駅、MRT(地下鉄)のシーロム駅が最寄駅です。
店舗はサラデーン駅に直結するThaniyaPlazaビルの4Fにあります。

DSC_0363.jpg

外からショーケースにディスプレイされたモデルやレイアウトを見ることが出来ました。

店舗は夫婦で経営をされているらしく、
外国人の私にも熱心に説明をしてくれ、お水をサービスしてくれたり、非常に入りやすいお店だと思います。

取り扱いはヨーロッパメーカーのHOが中心で、
ROCOやフライシュマンが多くの在庫がありました。
レールやスターターセットはフライシュマン、ストラクチャーはnochが多かった印象です。
Nゲージは日本製が中心で、KATOの製品は車両のみならず、スターターセットからレールやレイアウト用品なども充実しています。

価格は国内の販売店と同じか物によっては安いものもありました。
ユーロ相場での変動に影響されるのは日本と同じですが、
対タイバーツの水準で運が良ければ日本の販売店よりも安く買えるかも?という感じです。

タイでは鉄道模型の文化はまだまだ浸透していない上に、
所得水準的にも鉄道模型は非常に高価な品物になるため、
経済発展とともにこれからの売上向上に期待をしているようです。


店内にはレイアウトが3種ありました。
03-18@18-42-52-215.jpg
一番目を引いたのが、HOとHOeのデュアルレールを活用したレイアウト。
軌道間の違う2列車を同時に走行できるようになっていまっす。
かなり作りこんでいました。

03-18@18-43-38-688.jpg
手前がHOeで奥の編成はHOスケールです。


アクセスもよく、観光で訪れる繁華街に近い場所にありますので、
バンコクへの旅行の際にはのぞいてみてもいいかもしれませんね。



Modelrailroad siam

open 10:30-19:00
sat-sun 10:30-18:00
Close on MON

4th Floor,Room #441-442
Thaniya Plaza,52 Silom Road Bangkok 10500,THAILAND.
www.modelrailroadsiam.com
facebookpage「modelrailroadsiam.com」


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。