So-net無料ブログ作成

.

若輩者ながらメルクリンユーザーになった私のブログです。
一人暮らしワンルームでのHOゲージ(主にメルクリン)の楽しみ方綴っていきます。 メルクリンライフを中心に、フライシュマン、ROCO、リヴァロッシや、日本型(16番・Nゲージ)の鉄道模型についても書いていきます。


DCCやメルクリンデジタルを始めとするデジタル鉄道模型の割合が多く、アナログ製品のDCC化やDCC運転を楽しむためのアイテム紹介なども少しづつしていきます。
国内取扱店情報から個人輸入情報、車両工作など、運転会や各種イベント等の参加レポートもできるだけアップします! 
そのほか、飛行機や車、旅行やデジモノ、自作PCなど、鉄道模型と関係ないものも気分でアップします。(稀です)
【YouTubeチャンネルのご紹介】
ユーチューブチャンネルに鉄道模型や運転会などの動画をアップしています。
こちらも併せてご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCS8RZbYOMnSSo85SH4xSteg
チャンネル登録をいただけますと幸いです。
レイアウト ブログトップ

レイアウトの大幅改修 [レイアウト]

テレビの上に渡した板の上のレイアウトですが、
今回、大幅に改修をしました。

全景はこのような感じです。

67903.jpg

土台の板ごと変えています。
幅を建築限界まで拡張し複線から4線にしました。
1本はトリックスのC-Trackを使ってAC仕様にしました。


そして反対側は

67902.jpg
壁ギリギリまで延長しています。

元々ここにはウォーターサーバーやラックがあったのですが、
ウォーターサーバーの撤去をきっかけに延長できるのでは?と考えたのが改修のきっかけです。

ただ延長するだけでも良かったのですがせっかくなのでと横幅も増やしてしまいました(笑)


そしてもう一つの工夫がこちら。

67901.jpg

小田急電鉄の企画でOdakyuTrainShopから発売されている展示ケースです。
仕様は長さ900mmです。
その中に同じく900mmのK-Trackを敷設し、本線につないでみました。
ゆったり収納で機関車が3両収納できます。(詰めれば4両イケるかな??)

これで車庫兼展示ケースの役割を果たしてくれます。

67900.jpg

機関車の出し入れがめんどくさい割にホコリ等も気になるため、
何かいい方法がないかなぁと考えた上での苦肉の策です(笑)

よく走らせる機種やお気に入りの車両を留置しておきたいと思っています。


レイアウトの線路は仮敷設なので今後いろいろいじってみようと思っています。
自動運転の幅も広がるので信号機の導入も必要かな・・・?

そうか、こうなると2線の方も自動運転化したいなぁ。
アナログのままやるかDCC化するか・・・・

まだまだ改良工事は続きそうですね。



というわけで、
ワンルームでのHOは直流と交流の両方が楽しめるレイアウトとなりました。


ラックレイアウト自動往復運転 [レイアウト]

どうも、お久しぶりです。
久々の更新です。

あ、生きてます。ちゃんと生きながらえています。

仕事関連でバタバタしていたのを言い訳に、更新が滞っていました。
大変申し訳ありません。

と言ってもこのブログを楽しいみしてくれている人なんてどれくらいいるものかと・・・・(←卑屈ww


ということで、久々の更新内容は我が家の小さなレイアウトです。

昨年作成していたラックレイアウトに久々の改良を加えました

まずは、素材の木材むき出しだった天板にカッティングシートを貼り、ちょっとインテリアになるようにしました。
これだけでかなり見た目が変化します。
テレビの両脇の棚同士を通す構造のため、剥き出しの木のままだとちょっとダサいなぁと思ったので、アクセントです。
色は棚と同色の黒を選びました。

IMGP7351.jpg
※調子に乗ってお酒も並べたりしましたww


そして、もうひとつが、センサーレールが手に入ったので、CS2を使っての自動運転に挑戦です。

センサーレールは取り急ぎ2個しかないので、単調な往復運転のみになっちゃいます。
そこで、ちょっと変化を付けるために渡り線を通すことにしました。

設置に戸惑ったり、止まる位置によってセンサーレールに位置を変えてみたり、
単調な往復運転でも考え出すと試行錯誤しますね。

なんとか、配線も完成し、試運転開始です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



これだけでも結構感動するものですね。

テレビの天板にある構造なので、自動運転にしておいて、
ソファにかけながら眺めることも出来るので、導入した価値ありです。

酒を飲みながらゆっくりと動く車両を眺めるのも良いですね。

出来ればセンサーレールを増やして、複数列車の運転をしたり、
もしくは3-4地点を動かすなど、もっと改良していきたいです。
デジタル信号機の導入もありですね。

このあたりはこのスペースでどこまで出来るのか、勉強ながらゆっくり製作していきたいと思います。
デジタル信号機の使い方も良くわかっていなかったりするので(汗

とりあえず、
一人暮らしワンルームでの鉄道模型レイアウトとしてはいい感じなのではないでしょうか。








ラックレイアウトを電化 [レイアウト]

夜遅く帰ってきても、

10分とかホント少しの時間でも運転が楽しめる

そんなレイアウトを構築中です。


最近は動きが無かったレイアウトをちょっといじってみました。



架線と架線中を購入してきて、全線電化しました。


layout 002.JPG
これが全体像です。

所有している機関車も電気機関車が多いので、
複線をすべて一気に手を付けました。


片渡り線のポイントを設けているのですが、
意外とココの架線を貼るのが困難でしたね。。

layout 003.JPG
70231を活用して切り貼りした架線でハンパ分の長さを構築したり、
意外と奥が深いですね・・・。

取り急ぎすべて貼り終わって、
電気機関車で試運転を繰り返して位置の調整をしました。

layout 004.JPG

特にポイント部分はカーブと直線の組み合わせで
パンタグラフの動きと噛み合わなかったり、
試行錯誤の繰り返し。

結局半日使ってしまいました。


それでも、やはり架線があると電気機関車が映えます。

シーナリーを作成しているわけではありませんが、
結構実感的になったのではないかと。

この調子で信号機とか付けてみたいですね・・・・(あ、悪いクセ出てきた・・・汗)



ちなみに、このレイアウトは固定をしていません。

取り外してディスプレイラックとしても活用できます。


例えばこんな感じ・・・・↓↓↓
layout 001.JPG

来客の際に触られたくない時は片づけてしまえばOKな仕様です☆


新レイアウト若干延長 [レイアウト]

テレビボード上のレイアウトをちょこっと延長しました。


同じ板を購入してきて50cmほど延長。

livinglayout 003.JPG
テレビの上を渡しただけでしたが、
カラーボックスの端いっぱいまで線路が敷けるようになっています。

これで総延長は230cm程度になりますので、
飾るにしても走らせるにしてもそこそこの編成を扱えるのではないでしょうか。


まだまだ線路は仮設状態ですが、
できれば、架線を張って電化してみたいですね。
あとは簡単なシーナリーや自動運転なんかも挑戦したいです。



動画も撮ってみました。

新レイアウト建設開始 [レイアウト]

中央線と井の頭線を利用できる某駅付近に引っ越しをしました。

広さは変わらずの一人暮らしですが、
部屋のレイアウトがちょっと変わったので新しい取り組みを考えています。

テレビの左右にカラーボックスを配したところで、
「これはイケるかも?」と思って寸法を測り、
その足でホームセンターへ。。。

寸法通りに板を加工してもらい、
寸法通りに脚になる部品を購入し、

TVの上に設置してみました。

livinglayout 001.JPG
こんな感じです。

線路は仮置きですが、複線で線路が引けることはわかりました。

夜遅く帰宅をする平日でも楽しめるように、
小さい規模でもいいので常設線路を作りたかったのですが、
夢が一つ叶いました。

板と脚だけで1500円程度のお得な買い物です。

小さい編成ならば往復運転が楽しめるし、
お気に入り車両の展示もできるし、
これだけのスペースですが、使い方は広がりそうですね。
いじりながら色々と考えてみようと思います。

今は市販の長さである1820cmですが、もう50cmほど延長できそうです。
また次の機会にでも延長部を購入しようかと思います。


今後の進捗もできるだけアップしてまいります。

レイアウトボードを緑化 [レイアウト]

今までスタイロフォーム丸出しだったレイアウトボードですが、

このたび緑のレイアウトマットを購入し、緑化をしました。

こんな感じです。

marklin 017.jpg

今回導入したのはFallerのレイアウトマット。
この1枚で拡張ボードも含めた大きさをカバーできるとあって購入を決意。

ハサミで簡単にカットできるので大きさ調整もラクラクです。

ただ、難点はパウダーがめっちゃ落ちること。。。

とりあえず、開封作業をベランダで行い、
ガバっと広げて、しばらくパタパタ振って、
余分なパウダーを落としました。
しかし、まだまだ落ちてくる・・・。

これはある程度仕方ないのかな?

って事で、レイアウトボードの大きさにカッティングし、
両面テープで貼り付けしました。

簡易レイアウトボードはどこまでも簡易です。

心配になったんで、
貼り付け後も再度ボード上を掃除機で吸い取ってみる。
あえて手で撫でてパウダーを浮き上がらせて吸い取る・・・・
これを結構な時間やってました(笑

いったん落ち着いたので、線路を敷設したという流れです。


ボードは一旦これで完成にしますが、
パウダー問題が浮上したら改良するかもしれません。

どなたか、パウダーの落ちにくいレイアウトマットをご存知であればご教示ください・・・。

あるいはグレーのカッティングシートを張って、
コンクリート調にしようかな・・・・・?

そんなこんなな定尺ボードは、情景のリアリティが増してきました。

次はストラクチャーかな??

レイアウトボードの拡張 [レイアウト]

一部の皆様は、ドイツで楽しまれているようですが、
私は11月までお預けです。

連休も自宅でお座敷レイアウトを楽しんでおります。


たたみ1畳分のスタイロフォーム製簡易レイアウトボードですが、
1820mm×900mmスペースで遊んできました。

過去記事①⇒http://marklin-nissy.blog.so-net.ne.jp/2011-04-03-1
過去記事②⇒http://marklin-nissy.blog.so-net.ne.jp/2011-09-04

お座敷運転には十分なスペースではありますが、
ちょっと物足りないと感じていたのが正直なところでした。


別件で渋谷のハンズに立ち寄ったところ、
600mm×900mmのスタイロフォームが安売りされていたので衝動買い。

そのまま、前回と同様の木枠を三辺分加工してもらい、
金属での接続具も購入。


帰宅後に早速組み立てました。


こんな感じです↓

layoutboad.jpg

写真手前部分が延長部。
1820mmの長さを600mm増やし、2420mm+木枠分約15mmで、合計2435程度。


接続部はこんな感じです。

aution 004.jpg

木枠の加工をお願いしている間に、
ハンズの金具売り場で見繕いました。
ちょっと強度が不安でしたが、組んでみると意外と丈夫なもんです。

今回の拡張で、直線の有効長が増え、リバースも設定できます。
ヤードの収容許容量も増えたので、幅広く運転が楽しめますね。


あとは、剥き出しの見た目を何とかしたいですね・・・・

実は、緑色のベースマットを発注しました。
届いたらお知らせしますね。



一応、部屋のキャパ的に拡張はコレが精一杯。
これ以上行くと、ベッドの上まで及んでしまいます(笑


今後はこのスペースを有効活用して、
一人暮らしのワンルームスペースで
メルクリンのお座敷運転がどこまで楽しめるかを追求していきたいと思います。


台風の日は自宅運転会 [レイアウト]

台風の影響で都内も安定しない天気ですね。
吹き付けるような雨が降ったと思ったらもう青空が見えています。

そんな一日なので、
久しぶりにレイアウトボードを広げて自宅運転会です。

untenkai.jpg

サクッと出せて運転できるのが魅力ですね。

いつの間にかポイントの数は増えてしまって
定尺ボード無いでは使い切れなくなってしまいました。

もっともポイントが増えれば増えるほど、
MS2では操作が難しくなってしまいますので、
最小限にとどめた方がよさそうですね。
(早くCS2が欲しい・・・)


今回は内側にNゲージを敷いてみました。

untenkai 001.jpg
車両はドイツ型ではなく私の地元を走る車両です。

両車ともミニカーブレールで走行できるので、
省スペース運転が実現できます。

Zゲージも出して3スケール展開を、と思いましたが、
さすがにボード内に収まらなかったです。


レイアウトボードの導入 [レイアウト]

以前記事にも書いた目線問題について、

思い切ってレイアウトボードを作成し解決することにしました。


結論、こんな感じです。

IMG_6229.jpg

1820×910のスタイロフォーム板です。
ちょうどたたみ1畳分サイズでしょうか。
(部屋の狭さが際立ちますが・・・)

これだけで結構線路が引き回せます。


足回りはこんな感じです。

IMG_6228.jpg

下は思いっきり生活感丸出しのまま。
つまりリビングテーブルはそのままの状態で、
その脇にIKEAで購入した脚を設置。
そこにレイアウトボードを乗せるというかんたんな構図です。

これならば、今までのようにわざわざテーブルを片づけて
線路を敷設するスペースを確保する、というアクションが不要になります。

軽いので出し入れも簡単☆


作成の経緯ですが、

阿亮さんのブログ記事を参考にさせていただいて、
作ってみようと考えました。


がしかし、近くにホームセンターの無い私は、
webで購入をすることになるのですが、
大きな品で送料が結構かさむうえ、
最近では在庫が少ないようで売り切れでした。

まぁ、急いでいないわけですし、
「そのうち・・・・」と考えていました。


そんなこんなでいたわけですが、
土曜日に実家に帰った際に、別件でホームセンターへ行ったら、
大量のスタイロフォーム板があるではありませんか。(推定百枚前後)

さすが静岡県を代表するDIYセンター

実際に触ってみても、軽くて頑丈。
価格は送料を引いてもwebより激安。

即決で購入しました。


その後、120キロの道のりを車で運び都内の我が家へ搬入したわけです。


脚は元々家にあったIKEA製簡易ラックのものを使ったのですが、
これまたぴったり。

設置してみると、ちょうどソファに座った時に目線の高さに列車が走ります。


そしてリビングテーブルも片付けずにそのまま置いてあるので、
そのまま生活しても困りません。
1人暮らしの私は面倒な時は、最悪片付けずに過ごせるわけです。
(といっても、遊ばないときは邪魔ですが・・・)


今はボードだけですが、
角をこすったりするリスクがあるうえ、
台の上では多少のきしみが出ることもあるため、
木枠で補強をしようと思います。

これならば東急ハンズで手に入りそう・・・

今後はこれを使って御座敷運転を楽しもうと思います。

目線問題 [レイアウト]

メルクリンZとHO共にスターターセットを手に入れ


毎日のように快走させている今日この頃。



何とも、両者の違いに気づく。



何が違うのかというと、目線である。



運転時の目線、観賞時の目線である



現状お座敷運転な私は

レールプランは両方ともスターターセットの基本的なもの。



HOゲージは、

ワンルームの部屋の床に線路を敷設 し、

オーバルで運転を楽しむ。


Zゲージは簡易なコルク板に固定 しており、

テーブルの上に出して運転を楽しんでいる。



そんな中気づいたのが目線でした。



Zゲージはテーブルの上に置くケースが多いため、

目線は列車と同じ高さに出来る。


HOゲージは床に施設しているため、

どうしても上から目線になってしまう。

床に寝そべって目線を合わせることも不可能ではないが、

狭い部屋いっぱい線路を敷いていると結構厳しい体勢。



できれば目線は列車と同じ目線にしたい。

リアルさの実感値が全く違う。



となると、

やはりHOもテーブルの上か何かに線路を敷設したい。

専用レイアウトは不可能なので、

運転する時だけできる何か。


場所的には今敷設しているフロアの位置か、

非常設であれば広さ的にちょうどいいベッドを台にして、

板か何かを置いて敷設するか、、、


いい方法はないだろうか。。



お座敷レイアウトでこのような“目線問題”に遭遇した方、

どのようにしていますでしょうか??




最近、この問題を解決されたのが、hioka さんですね。

専用のレイアウトスペースはうらやましい限りです。





レイアウト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。